理念

平成12(2000年)年3月に豊田順一主任教授(現名誉教授)が定年退職され,同年4月に明間教授が生理学教室を引き継いでから,平成22年で10年になりました。
21世紀の最初の10年間を,新たな100年の歴史の礎を築くつもりでやってきました。
生理学教室の主な業務は学生教育と研究であり,これらを通して大学と社会に貢献する責任があります。
優れた教育と優れた研究の両立は必ずしも容易ではありませんが,このふたつは生理学教室にとって車の両輪です。
とくに学生教育は6年一貫教育と生涯教育の基礎を作る意味で極めて重要な仕事であると考えており,良い医師となるための生理学教育を目指しています。平成28年4月から、舩橋ー幸田体制で教室を運営してます。

「良医の育成」

当教室では、最良の医師の育成を教育理念・目標としております。

>>NEXT

研究・業績

教室では生理学研究が行われています。ここではその一例をご紹介しています。

>>NEXT

メンバー・スタッフ紹介

統合生理と細胞器官の研究を行っている生理学教室員について知ることが出来ます。

>>NEXT

Copyright(c) 2014 Department of Physiology St. Marianna University School of Medicine, All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com